一回生向け系分属・研究室ガイダンスおよび二回生向け専修分属ガイダンスのお知らせ

文学部では、一回生に向けた系分属・研究室ガイダンスと、二回生に向けた専修分属ガイダンスを行います。それに合わせ、当倫理学研究室でも、対面とオンラインの両方でガイダンスを行う予定です。志望先として哲学基礎文化学系を考えている一回生の方や、倫理学専修を考えている二回生の方は、お気軽にご参加ください。

日時は以下の通りです。対面での参加の場合、場所は文学部校舎8階の倫理学研究室となります。オンライン参加の場合、zoomのURLがガイダンス前日にメールで送付されます。

一回生向け研究室ガイダンス:

令和3年9月24日

★対面での実施 <前半・後半グループに分けて実施(後半はオンラインと併用)>

【前半】学生番号の下4桁が「0010」~「4560」に該当する文学部1回生

前半1回目:10時00分~11時00分

前半2回目:11時00分~12時00分

【後半】学生番号の下4桁が「4570」~「9990」に該当する文学部1回生

後半1回目:13時00分~14時00分

後半2回目:14時00分~15時00分

★オンライン(Zoom)での実施<グループ分け無し(希望者全員)>

1回目:13時00分~14時00分

2回目:14時00分~15時00分

二回生向け専修分属ガイダンス(倫理学研究室の情報のみ):

令和3年9月29日 12時00分~13時00分

対面・オンライン併用で実施します。

※「文学部専修案内」、「学生便覧」を文学部ホームページの在学生向け情報に掲載していますので、志望系のページについて、各自でダウン ロードしてください。ガイダンス当日も準備しておいてください。

詳細は、以下のPDFでご覧ください。

【掲示】1回生ガイダンス2021.pdf

【掲示】2回生ガイダンス2021.pdf

臨床倫理学入門コース 募集開始のお知らせ

2021年 8月29日・9月4日の2日間にわたって、臨床倫理学入門コースを開講いたします。

本コースは、実際に臨床現場で起こる倫理的な問題について、臨床倫理に関する倫理的・法的な基礎知識を身につけたうえで、実践的な対応策を立てることができるようになることを目標に実施されるコースです。
日々の臨床で、倫理的な問題に遭遇している方、臨床倫理コンサルテーションや意思決定支援を基本から体系的に学びたい方、受講生同志の議論を通じて様々な視点や考え方を習得したい方、臨床現場の問題や解決方法について策を研究したい方など、多数のご参加をお待ちしています。

今年度は時勢にかんがみてオンラインでの開催となりますが、ぜひご応募ください

詳細・お申し込みは以下のURLにアクセスをお願いします(締め切りは7月15日(木)です。ご留意ください)。

臨床倫理学 入門コース 2021 | 京都大学オープンアカデミー (kyodai-original.co.jp)

ガイダンスのお知らせ

倫理学研究室は、以下の日程でガイダンスの実施を予定しています。

・1回生向け研究室ガイダンス:9月24日(木)10〜15時

・2回生向け専修分属ガイダンス:9月25日(金)12〜13時

いずれも対面とオンライン(Zoom)の併用で実施する予定です。詳細はKULASISのお知らせをご参照ください。対面の場合は文学部校舎8階の倫理学研究室での実施となります。オンラインで参加する場合はガイダンス前日にメールで送付されるミーティング情報からお入りください。質疑応答などの時間も設ける予定ですので、倫理学研究室に関心のある方はぜひお気軽に参加していただければと思います。

演習ガイダンスを欠席した方へのご連絡

4月14日に実施した演習ガイダンスを欠席した倫理学研究室所属学部生の方は、必ず林(hayashideshita@gmail.com)までご連絡ください。

また、PandAの倫理学(演習)リソースに学部生向けアンケートがありますので、4月末までに同じく林まで提出していただくようお願いいたします。


演習ガイダンスのお知らせ

KULASISで第二演習を時間割に追加している方は、PandAのサイト上で児玉先生からお知らせがあったかと思いますが、4月14日の第二演習・応用倫理学演習のガイダンスの詳細が決まりましたので改めて連絡いたします。

倫理学研究室所属の学部生や院生、演習に出席予定の方は、14時45分までに、Zoomミーティングに必ずご参加ください。14時20分には参加できるようにしておきます。なお、URLやパスワードについては、PandAまたは京都大学倫理学研究室のメーリングリストをご確認ください。

トピック: [2020通年火4]倫理学(演習)
時間: 2020年4月14日 02:00 PM 大阪、札幌、東京

なお、自宅からZoomに参加することが難しいという場合は、大学の研究室のパソコンで参加することも可能ですので、その時間に研究室にお越しください。ただし、その場合は事前に林(hayashideshita@gmail.com)まで連絡をお願いいたします。

演習ガイダンスのお知らせ(要確認)

今年度の第二演習・応用倫理学演習のガイダンスと、それに関連したKULASISでの授業登録についてのお知らせです。倫理学研究室所属の学部生や院生、加えて今年度演習に出席予定の方は必ずご確認ください。

①授業休講期間中ではありますが、第二演習と応用倫理学演習の両方を兼ねたガイダンスを、4月14日(火)の4限の時間帯(14時45分開始)オンラインで行う予定ですので、学部生・院生・出席予定の方はご参加ください。詳細については後日また連絡いたします。

②現在、KULASISでの時間割作成期間中です。時間割に第二演習(通年・火4の「倫理学(演習)」)を各自追加していただければ、先生からKULASISを通して連絡を回すことが可能になりますので、全員、今週中に早めの登録をお願いいたします。学部生などで、第二演習を履修するつもりがない方も、連絡のためにいったん時間割に追加しておいてください。

ガイダンスなどについて、今後もこのメーリスやKULASIS、当ブログでの連絡があるかと思いますのでご確認お願いします。

京都哲学会公開講演会のおしらせ

2019年度京都哲学会公開講演会が、下記の要領で開催されます。 会員だけではなく、広く一般の方々に開かれた催しです。ふるってご参集ください。

・日時:11月3日(日)午後1時30分より

・会場:京都大学文学部校舎第1‐2講義室

・講演内容:

 京都大学大学院文学研究科准教授 杉山 卓史

 「Empfindnis概念小史」  

 (特定質問者:早稲田大学文学学術院教授 小林 信之) 

 京都大学名誉教授   藤田 正勝

 「西田幾多郎と鈴木大拙――生誕150年を記念して」

 (特定質問者:公益財団法人日独文化研究所事務局長 水野 友晴)

*講演会終了後、京都大学文学部校舎地下大会議室にて懇親会が開かれます。(会費五千円程度)

*所属機関長宛出張許可依頼状ご入用の方は、京都哲学会までお申し出ください。